LIMT-REプロジェクト: Legal Interpretation Management and Tracking for Requirements Engineering and by Requirements Engineering

プロジェクト概要

近年,情報システムに関する様々な法が制定されており,システム構築・運営に当たってはそれらの法で与えられた権利の活用や,定められた義 務の遵守が必要となっている.しかし法はしばしば意図的に曖昧に制定されており,解釈(既存の判例やガイドライン等の分析、自身による判を行い具体化しなければ,システム構築・運営に対する具体的な要求・ポリシーを定めることはできない.また,特に情報システムに関する法とその解釈は,技 術や社会の変化に応じての変化が頻繁であり,それらの変化の予測やその影響の同定を行うことが必要である.

これに対し本研究プロジェクトでは,要求工学のアプ ローチに従い,法の文言解釈をモデル化・分析し,また変更を追跡する手法を構築している. この手法では,曖昧な法の文言に対し,判例やガイドライン等で与えられる解釈基準、その具体的要件,そしてそれらが導かれた判例の具体 的な状況などの関連づけをモデル化する.またそれを用い,各組織で実際に持っているデータや,その管理方法等が,法で規定している文言にあてはまるかどうか,あてはまらないとしたらその理由は何かといった分析を行う.加えて,判断の根拠等を明示的にモデル・分析に含めることにより,変更の発生時に,その変更による影響の範囲等を同定する.

主な連携機関・メンバー

国立情報学研究所 :石川冬樹、井上理穂子

主な論文

Modeling, Analyzing and Weaving Legal Interpretations in Goal-Oriented Requirements Engineering Fuyuki Ishikawa, Rihoko Inoue, Shinichi Honiden The 2nd International Workshop on Requirements Engineering and Law (RELAW’09) at RE 2009 2009年9月
Fuyuki Ishikawa, Rihoko Kawai (Inoue), Shinichi Honiden, Modeling and Analyzing Legal Interpretations for/by Requirements Engineering Approaches, The 6th International Workshop on Juris-informatics (JURISIN 2012), pp.143-156, November 2012

LIMT-REプロジェクトの全論文 »

研究紹介シリーズ

【第9回】システム構築・運用における法律対応のためのLIMT-REプロジェクト
「要求分析手法によるアプローチで、法律の解釈を踏まえて,確実かつ迅速なシステムへの反映への反映を目指す」

コメントは停止中です。